視覚障害者ITサポートとやま(Bitsとやま)

本文にジャンプ

ここから本文

12月定例勉強会

日時:平成19年12月15日(土)
参加者:17名(メンバー12名、スタッフ5名)

●内容

●概要

1.はじめの挨拶

・情報工房は今年度をもって閉鎖される。来年度以降の活動(場所)について、運営を中心に情報収集や話し合いを進めている最中である。何か有用な情報があれば提供をお願いしたい。(堀代表)

2.ミニ講習会
「インターネットで利用できる便利なサイトについて」(講師:麻野井さん)

 ご自身の体験を基に、インターネットの利用についてお話しいただきました。

・始めは学生の時に課題提出で必要だった電子メールを利用。
 →勉強や本などの調べものに、インターネット(ブラウジング)を利用するように。
・インターネット上の掲示板は、情報が集まり活発な議論が行われるが、不毛な情報も多く、玉石混在な印象をもっている。
・ネットを始めて数年後に、一般電話回線から常時接続(ADSL)への切り替えを行った。接続料金を気にしなくてよくなったが、ネットに接続する時間が長くなり、ウイルスなどのリスクも上がった。
・勉強には、「amazon(大手通販サイト。主に書籍。)」や「国会図書館の蔵書検索・取り寄せ」をよく利用している。
・プライベート(趣味)には、mixi(SNSサービス。ネット上に作られた村のようなもの)、ポッドキャスト(ラジオ配信)、スカイプ(インターネット電話)を利用している。
・お気に入りのサイトが増えると、更新を調べるのが大変。「RSS」というサービスに対応していれば、更新チェックが容易にできて便利。
・録音図書の検索、入手には、「グーテンベルク21」、「びぶりおネット」が便利。

3.個別勉強

ニュースソフトの利用、ブレイルメモ・ブレイルポケット、エクセル、ワード、タイピング、等

4.意見・情報交換会

勉強会成果の報告など

※以下、参考URL

(※音声での使い心地は確認できていません。ご了承下さい。)

報告は以上です。


Syndicate this site (XML)
RSS 2.0