視覚障害者ITサポートとやま(Bitsとやま)

本文にジャンプ

ここから本文

「2007年6月:定例勉強会」報告

日時
2007年6月16日 土曜日
場所
富山県ITセンター情報工房施設(体験コーナー&創造コーナー)
参加者
受講者11名、スタッフ7名、計18名

内容

  1. はじめの挨拶
  2. ミニ講習会 テーマ:「データについて」
  3. 個別勉強
  4. 意見交換会

概要

1.挨拶

割愛

2.ミニ講習会 テーマ:「データについて」

・パソコンはデータをすべてデジタル(0か1)で扱う。
・デジタルデータの最小単位を「ビット(bit)」という。
・1ビットは「0・1」のペアが1つなので、2通りの組合せを表せる。
2ビットなら、2の二乗で4通りが表せる。

・8ビットを1バイト(byte)という。
・8ビット(2の8乗=256通り)あると英数記号を一通り表せるので、1バイトとされている。
・日本語入力ソフトでいう「半角文字」は1バイト、「全角文字」は2バイトである。

・大きな単位を表すときには、補助単位が使われる。
よく使われるのは以下のものである(※下にいくごとに千倍になる)。
 キロ(k)=千倍
 メガ(M)=百万倍
 ギガ(G)=十億倍
 テラ(T)=一兆倍

・データはパソコン内ではCPUで処理され、メモリ(主記憶装置)に短期的に記憶される。
・長期的に記憶させたいものは、補助記憶装置(ハードディスク、CD、FDなど)に保存する。
・補助記憶装置には、磁気ディスク、光ディスク、光磁気ディスク、半導体ディスクなどがある。
・補助規則装置には、各々の特性(容量、価格、汎用性、速度など)があるので、用途に応じて使い分けるとよい。
・よく使われるディスク(記憶媒体、メディア)の容量を覚えておくと便利。
 FD(フロッピーディスク):1.44MB(メガバイト)
 CD:650MBか700MB
 DVD:4.7GB〜17GB
・CDやDVDには様々な種類があるので注意が必要。
 ROM(ロム):再生専用
 R(アール):追記型(1回しかかけないと覚えておけばよい)
 RW(アールダブリュ):書き換え可能型
 ※DVDでは業界内での規格対立により、-R(マイナスアール)と+R(プラスアール)の2つの規格がある。

3.個別勉強

主な内容は以下の通りです。

など

4.意見交換会

以下の勉強しない内容の要望があがりました。

報告は以上です。


Syndicate this site (XML)
RSS 2.0