視覚障害者ITサポートとやま(Bitsとやま)

本文にジャンプ

ここから本文

平成28年6月「特別勉強会」報告

日時
2016(平成28)年6月5日 10:00から12:00
場所
CICとやま3階学習室1
参加者
11名

☆ 勉強内容

・ 前日に行われた科学へジャンプの実行委員会の報告。

・ 仕事で利用されている業務アプリケーションについてインターネットで調べた。

・Excel2013を使った表の編集操作。
セル、行、列の挿入、削除
セル範囲、行、列、表全体の選択
列幅の自動調整
セルの書式設定(塗りつぶし、太字、文字色)
セルの結合、文字の配置(中央揃え)
連続データ作成(番号、文字列)
データの並べ替え
複写・切り取り・貼り付け・元に戻す・やり直し

・ExcelとWkrdのショートカットについてサポート
1.ExcelとWkrdのショートカットをタスクバーに表示してWindowsキー + 数字キーで起動する方法
2.前回 Windowsキー + +キー または−キーで場面の拡大・縮小を言いましたがCtrlキー + マウスのホイールをくるくる回すことにより拡大・縮小ができること、前に回すと大きくなり後ろに回すと小さくなります。
(ExcelとWkrdだけでなくデスクトップのアイコン、インターネットの画面、エクスプローラー等が拡大・縮小できました・・・拡大鏡も便利ですがこの方法も便利です。)
3.Wkrdの文字のサイズの設定 
Shiftキー + 右矢印キー(左矢印キー)で変更したい文章を選択、アプリケーションキーを押し、フォントをクリックしてダイアログボックスからサイズを選びクリック。・・・Enter
(Ctrl + >キーで フォントの拡大 Ctrl + <キーで フォントの縮小
・・・・ >キーはSfitキー + 〔,ね〕のキーになります。 変化するサイズは1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 10.5 11 12 14 16 18 20 22 24 26 28 36 48 72 80 90 100 110・・・・・です。)
* Excelはこの方法は使えませんでしたのでアプリケーションキーを押しセルの書式からフォントを選択するかShiftキー + Ctrlキー + Fキーでフォントのダイアログボックスが表示されますのでここから選択してください・・・Shiftキー + Ctrlキー +Fキーが早いです。
4.Wkrdの文字の強調、修飾の設定
太文字・・・文字を選択して Ctrlキー + Bキーイタリック文字・・・文字を選択して Ctrlキー + Iキーアンダーライン・・・文字を選択して Ctrlキー + Uキー
* Excelもこの方法が使えます。
5.Wordの文章の行文字を選択して 文字を選択して の頭出し(左インデントの設定)
Shiftキー + 下矢印キー(上矢印キー)で変更したい文章を選択、アプリケーションキーを押し段落を選択
段落のダイアログボックスからインデントの左の入力ボックスに文字数を入力。・・・Enter


プチ会

日時
2016(平成28)年6月5日(日)13:30〜16:00
場所
CICとやま3階学習室1
参加者
13名、

内容

・前日に行われた科学へジャンプの実行委員会の資料作成。

・阪神タイガースグッズをインターネットで購入する方法を調べた。

・スマートビートル(ブルートゥース接続の点字ディスプレイ、キーボードをiphoneにブルートゥースで接続
点字ディスプレイとしてつなぐときは、スマートビートルの電源ボタン+F1を押して、スペースキーで「BRL」を選んでエンターキーを押す。
次に、iPhoneから
【設定】 → 【一般】 → 【アクセシビリティ】 → 【VoiceOver】 → 【点字】
と進むと、「点字デバイスの選択」という項目に、
「Smart Beetle(b)****(シリアル番号) ペアリングされていません」
と表示されているので、それをダブルタップ。
これで点字ディスプレイとしてつながる。
一方キーボードとして接続するには、スマートビートルの電源ボタン+F1を押して、スペースキーで「KBD」を選んでエンターキーを押す。
次に、iPhoneから
【設定】 → 【Bluetooth】
と進むと、「その他デバイス」という項目に
「Smart Beetle(k)****(シリアル番号) ペアリングされていません」
という表示されているので、それをダブルタップ。
これでキーボードとして繋がる。
この2回の接続でコンボモードでつながるので、電源ボタン+F3で、BRLモード(点字ディスプレイモード)とK、BDモード(キーボードモード)を交互に切り替えて使うことができるようになる。


報告は以上です。


Syndicate this site (XML)
RSS 2.0