視覚障害者ITサポートとやま(Bitsとやま)

本文にジャンプ

ここから本文

「平成23年5月、特別勉強会」報告

日時
平成23年5月8日(日)10:00〜12:00
場所
CIC富山市民交流館3階学習室1
参加者
17名、見学者1名、合計18名。
◎Hさんの紹介でSさん見学にこられる。

勉強内容

・Mさん→ガイガーカウンターの販売店をネットで検索。

・Iさん→excelで表計算の練習をする。

・HさんーSさん→マイエリットを使って文字を入力する練習をする。

・TさんーTさん→SKYPEのバージョンアップをする。SKYPEバージョ
ンは最新の5.2にする。

・JさんーAさん→今年度からBITS定例勉強会前に行われる点字講習会の打
ち合わせをする。

・Hさん→サピエ図書館でデータの検索とダウンロードをする。

・YさんーYさん、Yさん→桑名点訳友の会から親鸞 激動編 3 (漢点字用)
をダウンロードする。

サピエ図書館から、(「かげろう」をダウンロードして、CDに入れ、プレクス
トークに入れて読んでみる。

・NさんーSさん→スキャナーに書類を入れて、パソコンでのやりかたを学習す
る。

・YさんーYさん→SKYPEの練習と、マイメールに入っている音楽を聴いて
みる。

ニューストゥースピーチで北日本新聞を読もうとしたが、登録がうまくいかず、
何回も登録を試みる。

・Uさん→初めて見学にこられたSさんに、視覚障害者用のパソコンで何ができ
るかなど紹介する。
また、Bits富山のHPなど見て貰う。


◎プチ会サポーター研修会()

●日時
 平成23年5月8日(日)13:30〜16:00
●場所
cic富山市民交流館3階学習室1 
●参加者
 14名

●内容

「スカイプによるサポートの方法」 講師 常川正直氏(NAT会員) 「
 スカイプの基本操作及び遠隔地サポートの方法についての講習

今回は、「スカイプによるサポートの方法」と題して、スカイプの基本操作について学び、また、スカイプの便利な使い方(遠隔地からのスカイプを使ったサポートの方法)についての講習を行いました。スカイプを活用すると、自宅にいながらにして、サポートが受けられることを実感しました。今後は、要望があれば、スカイプによる自宅サポートの機会を設けてもいいのではないかと思いました。


報告は以上です。


Syndicate this site (XML)
RSS 2.0