視覚障害者ITサポートとやま(Bitsとやま)

本文にジャンプ

ここから本文

「平成23年8月、特別勉強会」報告

日時
平成23年7月31日(日)10:00から12:00まで
場所
CIC富山市民交流館3階学習室1
参加者
13名

勉強内容

Ya・Y・Tさん→バイオスの設定をする。PCのキーボード上のF12キーを使いやすいように設定する。

IyA・Iさん→スカイプの操作を体験する。

MA・Mさん→放射能問題について話をする。

Aさん→グルメサイトより京都の寿司屋さんを検索する。googleの新たな操作方法について復習をする。

S・tさん→PCを点検する。

Y・Y孫さん→バイオスの設定の仕方を見学する。PCをいろいろ操作する。


◎プチ会サポーター研修会()

 今回は、「夢のソフト開発」と題して、以前会員用MLで話題となったコンピュータソフト開発について、みなさんと話し合いをもちました。

1 日時 平成23年7月31日(日)13:30から16:00まで
2 場所 cic富山市民交流館3階学習室1
3 参加者 13名
4 内容  「夢のソフト開発」へ向けての話し合い
 コンピュータ言語を勉強して、夢のある便利なソフトを作る企画ですが、まずは、「どんなソフトが作りたいか?」について、みなさんで意見を出し合いました。
 夢のソフト候補として、

@名刺の読み取るアドレス管理ソフト、
A発声で認識するすけじゅーる管理ソフト、
B地図の読み取りソフト、C商品を識別するソフト(バーコードを認識するもの。どこも携帯情報処理学会のデータベース、qrコード、spコード等々)、
D英語を日本語に翻訳するソフト、
E移動歩行支援ソフト、
F発声を文字に変換するソフト(アミボイス等)

等々、多様な意見が出ました。
 今後は、さらに具体的に検討して、「夢のソフト」作成に発展していけたらと考えています。
 みなさんの力を集約して、夢がふくらむことを期待しています。


報告は以上です。


Syndicate this site (XML)
RSS 2.0